読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマーパパのにちじょ~(--)

色々と背負いすぎないでイイよ(--)

積水ハウスで家を建てる ~家の価格を下げる~

マイホーム

 

崎「家の価格は3000万円になります(^^)」

 

と。

 

前回

 

家だけでこの値段なんて絶対無理。

メーカーを諦めるか工務店を探すか値切るか。

正念場になってきた。

 しかし自分たちとしてはやはり積水ハウスで家を建てたい。

何とか値段を下げられないかと交渉する。

 

私たちが考えた価格低下方法は次の通り。

 

1.シンプルな構造にする。

間の部分に屋根をつけると価格が高くなる。

一番上の屋根から下は全部壁のほうが価格が安い。

 

2.定型の間取りにする。

メーカーは安くできる間取りを設定してる。

ここから選ぶのが一番安く済ませる方法。

新築内覧会で1800万円の家を見たが全然良い感じだった。

 

3.グレードを下げる。

いくつかの家のラインナップが用意されている。

積水ハウスだと木造のシャーウッドや軽量鉄骨のイズロイエ、ビーサイエなど。

私たちが選んでいたのはイズロイエでこれをビーサイエにすれば安くなる。

 

4.値引きをお願いする。

だいたい積水ハウスで値切る限界は5%だ。

これをさらに越えてやる!なんてね。

 

考えたけど実際実行したのは1と4だけだった。

 外観をとにかくシンプルにした。

屋根は一番上だけにして凹凸のなるべく少ない家にする。

これでも結構値段は安くなる。

 

あとは値引き。

最終的には5.5%まで値引きしてくれることになった。

相当がんばってくれたようで崎山氏は後で上司に怒られていた(--;

 

崎「社員割以上の値引きっすよこれ(--;;;」

 

私「ありがとう(^^)」

 

そんなこんなで家の価格は2500万円まで落とす事が出来た。

これでも予算は厳しい。

 

 

黒田総裁の異次元金融緩和により低金利なのと、

さらに国の政策で10年間金利0.6%ダウンさせてくれるのが決定打となり

契約することにした。

 

崎「ありがとうございます(^^)」

 

私「はあ~~~~~、やっちまった購入してしまった。(--;;;」

 

契約となり本格的な打ち合わせへとはいっていく。

 

~続く~

 

でわでわ(--)/